2006年8月12日 (土)

料理教室mitten

昨日、前田さやかさんが開催する、料理教室mittenに参加してきました。

マンションの一室で行う少人数の料理教室で、今回は子連れOKのクラス。ハルカとマサトを連れて行ってきました。

メニューはWSFで好評だったという、ベトナム料理。

  • ベジタブル生春巻き
  • 野菜たっぷりのフォー
  • ピーナッツ混ぜご飯
  • 緑豆のチェー

Mitten2_1 ピーナッツ混ぜごはんはガーリックや香菜がきいてて、男の人も満足できそうな味。

ベジタブル生春巻きも、野菜のシャキシャキ感が残っていて美味しかった~。

野菜たっぷりのフォーも、赤玉ねぎや人参、香菜の彩りが鮮やかで、お腹もいっぱいに。

Mitten1 緑豆のチェーは皮なしの緑豆をつかっているので、色もきれいだし、口当たりもまろやか。大人はココナツミルクをかけて、子供は米飴でいただきました。

ハルカとマサトもお手伝いをたくさんさせてもらって、楽しい一日を過ごしました☆今度はパパに作ってあげようね。

またぜひ参加したいと思います♪

帰りは吉祥寺の井の頭公園で遊んでから、ナチュラルハウスで買物をして帰ってきたんだけど、私がバテてしまい、家に着いてちょっと横になるつもりが8時半まで熟睡(汗)。子供たちはお腹はそんなに空いてなかったらしく、勝手にお風呂に入って寝てました(笑)。子供たちの体力にはもうかないません。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

organic base brunch『外ごはん』

organic base brunchに参加しました。

テーマは外ごはん。メニューは

  • テンペライスバーガー
  • きのこと水菜の生春巻き +ピーナツソース&甘酒ソース
  • 小松菜と人参のおろし和え 梅風味
  • あまなつゼリー

Photo_4 照り焼きテンペを梅酢味の型抜きごはんでサンド。食べやすいように海苔をまいて、ワックスペーパーに入れます。 型で抜いただけのごはんだけど、意外と崩れにくく、食べやすかったです。

あっさりしていて暑いときでも、美味しく食べれそう。

Photo_5 生春巻きは初めて作ったんだけど、簡単にできるんですね。

ソースはピーナツソース(ピーナツクリームと味噌)と甘酒ソース(甘酒と醤油)の2種。おいしかったけど、個人的にはもう少しあっさりしょっぱい系のソースを合わせたい気がしました。

簡単にできて美味しいので、おもてなしにも良さそう。

Photo_6 おろし和えは梅風味でさっぱりしていて、夏にぴったり。

organic baseで試食して思うのは、私の家での味付けは、甘さは控えめ(というか料理にはほとんど使わない)だけど、塩味は強めだな、ということ。

私が陰性よりなのかしら?それとも塩気はもっと控えた方がいいのかしら??

子供たちは走り回って汗もかいてくるし、塩分もある程度は取らないといけないんだろうし。

体の声を聞くのが大事なんでしょうけれど、まだまだ未熟な私です。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

organic base ベーシックレクチャー 6(シュガーアディクトと低血糖症)

今日はorganic baseのベーシックレクチャーの6回目を受講してきました。テーマは“シュガーアディクトと低血糖症”。前からとても興味を持っていたテーマです。現代人の70%は低血糖症だといわれているそうです。アディクトの意味は依存症。砂糖なしではいられない状態を指します。

とても有意義な内容だったので、忘れないうちに要点をまとめておこうと思います。

低血糖症のしくみ

極陰性(砂糖、コーヒー、酒、化学薬物等)のものを多量に摂取→血糖値が急激に上がる→精神的にハイな状態、リラックス

         ↓

体から多量のインシュリン(血糖値を下げるホルモン)が分泌される→血糖値が急激に下がる→だるくなる、眠くなる、イライラ、落ち込む、暴力、他さまざまなトラブル

         ↓

血糖値を上げるためにまた極陰性のものをとる、という悪循環

血糖値をつかさどる内臓はすい臓で、低血糖症の人はすい臓がダメージを受けてうまく働かないようです。

陰陽の関係では、陽性よりの症状。(低血糖症と反対の状態が糖尿病(陰性))

よくある症状は、午後2時くらいから夕方にかけておそわれる猛烈な眠気とだるさ。誰でも経験がありそうです。

マクロを始めて極陰性のものを控えるようになると、体ではインシュリンの分泌量が急には減らないので、一時的にインシュリンの分泌量が糖分の摂取量に比べて多すぎる状態になり、低血糖症の状態が起こりやすくなります。

低血糖症の対策は、マクロビオテイックな食事全般。極陽を避ける(極陽をとると極陰が欲しくなってしまう)。良い陰性さを自然な甘みからとる。

完全穀物、丸い野菜、甘みのある野菜(キャベツ、人参、かぼちゃ、玉ねぎ、蕪等)、テンペ、ひよこまめ、あらめ、

薬膳:甘い野菜のスープ

続きを読む "organic base ベーシックレクチャー 6(シュガーアディクトと低血糖症)"

| | コメント (6) | トラックバック (1)