« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

八ヶ岳旅行記(第2日目)

2日目。午前中はパパと子供たちは虫捕り、私は朝ごはんの後片付けをしてから、ひとりのんびりティータイム。午後は清里方面へ出かけました。

お昼は予約してあった萌木の村のレストラン・ネストでマクロビオティックランチ

萌木の村には、丁寧に作られた食品を売るお店がいくつかあります。

ともにこの森”内にある“だいずや”は、地元の減農薬栽培で作られた大豆を使って、無添加で作ったお豆腐や納豆、がんも等を売っています。私はごま豆腐と黒豆納豆を購入。

Photo_12  この他にも大豆の餡の入ったどら焼きも美味しそうでした。

同じく“ともにこの森”内にあるパティスリー“アン・グーテ・ア・ラ・カンパーニュ”では、無農薬の小麦を使った自家製酵母パンやスイーツが売られています。夕方に行ったので、パンの種類が少なかったのですが、全粒粉のカンパーニュ(材料は全粒粉と塩のみ)を買って来ました。次の日のおやつに蒸して食べたのですが、素朴でおいしいパンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月30日 (日)

八ヶ岳旅行記(第1日目)

26日から29日まで、八ヶ岳に旅行に行ってきました。お天気にも恵まれ、パパとマサトは虫採り三昧、ハルカは天然石のショッピング(今、天然石にハマってる(笑))、私はマクロや自然食のお店めぐりをして、旅を満喫してきました。

今回はキッチンつきのコテージに泊まったので、朝と夜は自炊、お昼は外食。

当日は朝9時半頃に車で出発して、グルッペに立ち寄り食材を購入、家を出て一時間半くらい走ってから、ハルカの薬を忘れてきたことに気がつきました(汗)。取りに帰ろうか、どうしようか迷ったけれど、旅行から帰ったら薬(最後の1錠)はやめるつもりだったし、ハルカも“薬はもういらない”と言い切ったので、そのまま薬は持たずに行くことに(結果的には何事もなく元気に過ごせたのでよかった~)。途中3回休憩をとって、3時半くらいに現地に到着しました。

この日はどこにも行かずにコテージでのんびり。

Img_0599 夕食は、テングナチュラルフーズの通販で購入したノンチーズピザとベジバーガー。生野菜と玄米サラダ、イエロースプリットピーとキャベツのスープ。写真にはないけど、加藤農園の発芽玄米パン。

冷凍のピザはかなり甘い(サトウキビジュースとかが入ってる)ので、パパと子供たちは喜んでました。ベジバーガーもパパが美味しいと言ってた(肉っぽい歯ごたえがいいのかな?)。上にかかってるのは人参と高きびのイタリアンソース(前日の残り物を持参)。たまにこういうのも、お手軽でいいけど、次回はピザの台は空焼き、ソース類はあらかじめ作っておいて、ベジバーガーも下ごしらえを済ませて焼くだけにして持ってきてもいいかも。

ピザもベジバーガーもかなりボリュームがあって、みんなお腹いっぱいになりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

レストラン・ネスト@ 清里

レストラン・ネスト@<br />
 清里

昨日から八ヶ岳に来ています。今日は清里周辺を散策。

昼食は萌木の村内のレストラン・ネストのマクロビオティックランチ。

メニューは、

  • 季節の野菜とそばがきの豆乳クリーム煮
  • 天然酵母パン2種
  • マクロビオティックスイーツ
  • 三年番茶

季節の野菜とそばがきの豆乳クリーム煮は、季節的にそばがきが重く感じたけど、季節の野菜がたっぷり入って美味しかったです。

天然酵母パンにはなぜか北海道バターが添えられていました。あまりマクロビオティックに対するこだわりはない様子。むしろ、一般的な食事をしている人が無理なく試せる工夫が感じられました。

スイーツは、パウンドケーキに桃のコンポートが添えられたもの。美味しかったけど、かなり甘みが強かったです。

お魚やお肉が選べるコースもあり、普通の食事をする人と一緒に気軽に入れるレストランだと思います。東京にもこんなレストランが増えてくれるといいのにな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

これからのこと

一学期も終わりが近づいて何かと忙しい毎日。この一学期を振り返って思うことは、2人とも元気になったなぁ。。。しょっちゅう学校から連絡があって、ハルカを迎えに行っていた去年までのことが、まるでうそのよう。3年間飲み続けた薬も今月末ですっかりやめられそうです。

マクロビオティックってすごい。まだまだ改善の余地はあるけれど、普通に元気に過ごせることがありがたいです。

元気になって最近思うことは、これからどうしよう。

学校にはお弁当を持って行き、お友達とのお付き合いも病気の治療中ということでおせんべいを持参。外食もマクロビオティックやオーガニックのレストランで。おかげで信じられないくらい元気になったけど、そろそろ先のことを考えるときがきたように思います。

2人とも(私やパパも)、今までのことを考えると、普通の人より砂糖や動物性のものに対して過敏な体質なのだと思います。このままの食事を続けたいと思う反面、やっぱりお付き合いも大事。周りと一緒のものが食べれなかったり、勧められたものを断るのはストレスを感じます、というか物事がスムーズに進まない。。。マクロビオティックを始める前はお付き合い重視で、勧められれば喜んでいただきました。子供たちもお付き合いでお菓子食べ放題。あのころの状態に戻ることはないけれど、少しづつ、ちょうどいいところまで緩めていけるといいな、と思います。

毎日のお弁当作りも、もしなかったら他にできることが沢山あるのになぁ、と思うことも。給食のメニューを気にせずうちにある残り物を適当に詰められたら、ずいぶん楽なんだけど、なかなかそこまで割り切れない。。。給食メニューのもどき料理作りは楽しみでもあるんですけれど(笑)。ここも少しずつ緩めていけたらいいな。

とはいえ、薬を完全にやめたらその排出もあると思うので、来年春くらいまではやっぱり慎重にいこう。そろそろ思春期を前にして体質が変わっていく時期でもあるし、油断は禁物かなぁ。。。

まあ、いいか。のんびりマイペースでいこう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

テンペライスバーガー

Photo_10 給食のメニューで、ミートドッグがあったので、さっそくorganic baseで習ったテンペライスバーガーを作ってみました(あんまり似てない。。。?)。

残り物の玄米ごはんで作ったので、上が黒米入り、下が普通の玄米ごはんです。

みりんがなかったので、醤油と酒と米飴でテンペを煮ましたが、しょうがを入れてもよさそう。

こどもたちの希望で、このあと海苔は十字に巻きました。(海苔は多いほどいいらしい。。。)

学校から帰ってきて感想を聞いたら、テンペはそれほど好きではないみたい、2人とも。あとすごくボリュームがあったようです(直径7センチの型で抜きました)。パパには、テンペライスバーガー、好評でした。ボリュームがあるのも気に入ったよう。

写真はないけど、生春巻きももう一度、具を変えてつくってみたら、これも美味しかったです。具は、厚揚げ、おかひじき(蒸したもの)、、えのき(蒸したもの)、白髪ねぎ、玄米ビーフン、大葉を入れました。タレはピーナツソースの残りとごま味噌ドレッシングを混ぜて、だしで薄めたもの。美味しいのでまた作ろうと思って、玄米ビーフンをグルッペに注文したのですが、残念ながら欠品でした(水曜日)。もうそろそろ入ったかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ハルカの病気(プールがはじまって)

6月下旬から学校のプールが始まりました。

ハルカもマサトも体温調節がうまくできないので、冷たい水に入ると唇真っ青、全身ガタガタっていうかんじになってしまいます。昨年は気温があまり高くないのにプールに入ることが多く、ハルカはバスタオルをかぶってプールサイドでふるえていることが多かったようです。一度は発作を起こしてフラフラになって保健室に運ばれたことも。(一度、調子が悪くなって上がったのですが、暖かいシャワーで温まってからもう一度冷たい水に入ったので、さらにひどくなってしまったようです。無理はさせないで、とお願いしていても、先生は良かれと思ってして下さったようで。。。)

今年はボランティアでプールの安全面のお手伝いがあるので、1年生と4年生に参加させてもらうことにしました。マサトの方には2回参加したのですが、曇りで気温が低めの時は、やっぱり全身ガタガタふるえてました。真っ青ってほどではなかったけど(マサトは冷えるとほんとに低体温になってしまうことがあります。)。寒い子は無理しないでプールサイドで休んでいて良いことになっているので、半分くらいは休んでたかな。他にも上がってる子が何人もいました。最近の子は体温調節が苦手なようです。

ハルカは3,4時間目と5時間目の授業で、水も温かくなっているせいか今年は(本人の話では)大丈夫なようです。まだボランティアでは参加してないので、詳細は不明ですが。

マクロビオティックを始めて1年目はすごく体が冷えることがあると聞きました。確かに去年は子供たち2人ともすご~く冷えていたように思います。(私も今年の冬はすごく冷えました。)体が少し丈夫になってきたせいか、今年のプールは去年よりは好調なスタートを切っているようです。プールの翌日は2人とも咳が出ているような気はしますが。

ハルカは薬の排出のせいか、咳や鼻水、湿疹等、陰性の症状が続いてます。同じ食事をしていてマサトは特にアレルギーっぽい症状は出てないので、やっぱり薬の排出のような気がします。暑い日が続くけど、ハルカは陽性っぽい食事のほうがいいのかなぁ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

カレーパンのお弁当

20060704072811_1 今日は給食でカレーパンが出る日。

いつもはドライカレー(ごはん)にしちゃうんだけど、今日はピタパンとドライカレーにしてみました。

具は、チャヤのLUNCHを参考に、にんじん、玉ねぎ、かぼちゃ、ひよこまめ、さらに甘くするために、レーズンと松の実も入れました。

玄米粉とカレー粉(控えめ)も入れて炒めて、野菜ブイヨンを入れてのばして最後に醤油もプラス。かなり甘めのカレーが出来上がりました。

私は昨日久しぶりに食べたカレーのせいか、朝起きたら微熱があって、なんだかだる~い感じ。今日はカレーはやめといた方がよさそう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

新宿チャヤでLUNCH

Photo_9 新宿伊勢丹のsaleに行き、お昼をチャヤマクロビオティックで食べました。

私が頼んだのは、plate lunch『野菜と玄米ごはんのカレー』。すご~く久しぶりのカレーです。暑くなったから、たまにはいいかなぁ、と思って。

具は、にんじん、玉ねぎ、かぼちゃ、ごぼう、パプリカ、ひよこまめ、野菜ブイヨンで煮込んであるそうで、ぜんぜん辛くなくて美味しかったです。

明日は給食がカレーパンなので、真似して作ってみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

マサトのお誕生日

金曜日がマサトの誕生日だったので、ちょっと遅れてお誕生日のお祝いをしました。

さっそくorganic baseで習った、生春巻きに挑戦!みんな美味しいと言って食べてくれたけど、マサトはピーナツソースをたっぷりつけすぎて、途中でギブアップしてしまいました。(昔から、パンにもピーナツクリームを(パンよりクリームの方が多いくらい)たっぷりぬって食べていました。。。)我が家では、もうすこしあっさりしたソースを合わせた方が良さそう。次回はごま味噌ドレッシングでいってみようかな。

Photo_7 誕生日なので、ケーキを作りました。

昨年のクリスマスにorganic baseで習ったブッシュ・ド・ノエルをアレンジ。

ココアスポンジにさつまいものクリームを塗り、その上にマロンクリームを重ねる代わりに豆腐クリームを塗りました。(陰性よりに調整)

豆腐クリームはノンオイル、甘みは甘酒メインでメープルシロップを少し。ポンセンをパウダー状にして混ぜてバニラエクストラクトで風味をつけました。

あっさりしていて、大好評。ろうそくが足りなくて5本です。(ホントは7才)

Photo_8 余ったスポンジに豆腐クリームをはさんで冷凍庫へ。平日のおやつにしようと思います。

豆腐クリームはさらに余っていたので、ブルーベリーを混ぜて、こちらも冷凍庫に入れました。ブルーベリーアイス、楽しみ~!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

organic base brunch『外ごはん』

organic base brunchに参加しました。

テーマは外ごはん。メニューは

  • テンペライスバーガー
  • きのこと水菜の生春巻き +ピーナツソース&甘酒ソース
  • 小松菜と人参のおろし和え 梅風味
  • あまなつゼリー

Photo_4 照り焼きテンペを梅酢味の型抜きごはんでサンド。食べやすいように海苔をまいて、ワックスペーパーに入れます。 型で抜いただけのごはんだけど、意外と崩れにくく、食べやすかったです。

あっさりしていて暑いときでも、美味しく食べれそう。

Photo_5 生春巻きは初めて作ったんだけど、簡単にできるんですね。

ソースはピーナツソース(ピーナツクリームと味噌)と甘酒ソース(甘酒と醤油)の2種。おいしかったけど、個人的にはもう少しあっさりしょっぱい系のソースを合わせたい気がしました。

簡単にできて美味しいので、おもてなしにも良さそう。

Photo_6 おろし和えは梅風味でさっぱりしていて、夏にぴったり。

organic baseで試食して思うのは、私の家での味付けは、甘さは控えめ(というか料理にはほとんど使わない)だけど、塩味は強めだな、ということ。

私が陰性よりなのかしら?それとも塩気はもっと控えた方がいいのかしら??

子供たちは走り回って汗もかいてくるし、塩分もある程度は取らないといけないんだろうし。

体の声を聞くのが大事なんでしょうけれど、まだまだ未熟な私です。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »