« しょうがの足湯 | トップページ | マクロビオティックの通信講座 »

2006年6月14日 (水)

ひよこまめのコロッケのお弁当

_004 最近のお弁当。久しぶりにひよこ豆とひえのコロッケを作りました。

5月下旬くらいから給食で揚げ物がときどき登場するようになりました。暑くなってきたから、中心までよく火が通る揚げ物は、安心メニューなのかな。。。

マクロ的にみると揚げ物は、200度近い高温で四方八方から加熱するため、極陽の性質を持つ一方、かなりの量の油(陰性)を吸うため極陰の性質も併せ持っているそう。極陽と極陰でプラスマイナスゼロになるかというとそうではなく、極陽と極陰両方の症状が出てしまうようです。なので、揚げ物はたまのお楽しみにしておいた方がよさそう。

揚げ物はなるべく控えてはいるのですが、給食でコロッケや唐揚げが出るときには作ってます。このコロッケは子供たちも大好物。私も動物性の入ったコロッケよりこっちの方が好きです。お弁当にはケチャップとウスターソースを混ぜたソースを添えたけど、なにもつけなくても充分美味しい!オレンジページの“オーガニックがおいしい。店”の新宿チャヤマクロビオティックレストランのページで紹介されていたレシピです。

オーガニックがおいしい。店―心地いい暮らしがしたい

|

« しょうがの足湯 | トップページ | マクロビオティックの通信講座 »

コメント

そういえば、O157のときにずいぶん話題になりましたね。私も当時上の子を妊娠中で、ずいぶん気を使った覚えがあります。うちの学校の栄養士さんも食中毒にはすごく気を使ってるみたい。野菜も生のものはほとんど出さないし、ハム等も加熱してから使うとおっしゃってました。給食を作る現場もいろんな苦労をなさってるんですね。
コロッケ、私も同感です。揚げ物はできれば、誰かに作ってもらって食べたいですね~(笑)

投稿: kasumi | 2006年6月15日 (木) 21時55分

昔、O157が問題になった時の名残なんでしょうね。揚げ物だらけは嫌ですが、酷い食中毒は命にも関わりますから、大量のご飯を作る事を考えると多少は仕方ない事なのかな。

コロッケはうちも大好きです。作り方がヘタなのか、すぐに爆発しちゃうので、私もたまにしか作りません。と言うか、余裕が余程ある時じゃないと作る気にもなれない・・・。(笑)

投稿: | 2006年6月14日 (水) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68929/2217726

この記事へのトラックバック一覧です: ひよこまめのコロッケのお弁当:

« しょうがの足湯 | トップページ | マクロビオティックの通信講座 »