« きゃべつまんじゅう | トップページ | PUTLUCK お花見 »

2006年4月 1日 (土)

ハルカの病気(お弁当の相談)

ハルカが学校にお弁当を持って行くようになった(はじめは給食を除去食でとっていくつもりだったのですが)のは、小学校2年生の3月から。今から一年ほど前になります。

給食を除去食にしてもらおうと思ったきっかけは、前回の記事に書いたとうりです。それと、3年生ではクラス替えもあり、大きな環境の変化があるので、それまでにできるだけ体調を整えておきたいと思いました(ハルカは環境の変化にとても弱く、緊張や不安が発作を誘発してしまうので)。そして除去食、又はお弁当に切り替えるなら、慣れ親しんだ2年生のクラスにいるうちに始めておきたかったのです。

玄米菜食の食事療法をしているクリニックで、動物性食品と砂糖の除去が必要という診断書を書いてもらい、学校の校長先生と担任に相談しに行きました。

先生方の回答は、除去食でもお弁当でも、日によって臨機応変にお弁当と給食を選んでもどちらでもいいというもので、あまりにすんなりOKが出たので拍子抜けしたくらいです。ただ、除去食にするなら、栄養士の先生にどこまで対応ができるか相談が必要ということでした。

2月の終わりに栄養士さんと担任に再度相談に。とりあえず、卵と牛乳の除去をお願いするつもりでした。栄養士さんからクリニックでもらった食箋があったら持ってくるように言われていたので、玄米菜食の食箋も持って行きました。

栄養士さんに食箋を見せると、本当に早く病気を治したかったら、全部お弁当にしたらどうですか?という回答。食事療法は中途半端が一番良くないと言われました。

実は、うちの小学校は3月は6年生が卒業することもあり、毎日が6年生のリクエストからなるお楽しみ給食。メニューを見せてもらうと、ほとんど毎日こってり系の洋食に甘いデザートが付いていました。(今年は新しい栄養士さんが入ったこともあり、この点はかなり改善されています。でも、去年は本当にすごいメニューでした。。。)

3月に限っては、除去食で対応することは無理そうでしたし、ハルカも日によって食べられるものと食べられないものがあると混乱するから、お弁当の方がいい、という結論でした。

3月いっぱいは毎日お弁当にして、新学期からどうするかは、また改めて考えようということになりました。

ここで、除去食やお弁当にする場合、学校側が問題にする点をまとめておこうと思います。

除去食の場合

  • 対象となるものを忘れずに除去するのは、かなり神経を使う作業。
  • 完全に除去できなかったり、除去するのを忘れて、子供が体調を崩した場合、学校側の責任になってしまう。
  • 対象となるものを除去した食品は名前付きのお皿にのせて運ばれることになるが、子供によってはそのこと(みんなと違う)を気にする子もいる。

お弁当の場合

  • 特に梅雨、夏場の暑いとき、お弁当が傷まないように気をつけてほしい(食中毒の危険)。学校によっては、給食の時間に親が届けることになっている所もあるようですが、ハルカは朝自分で持って行っています。
  • 給食当番はどうするか?ハルカは、2年生のときは先生が考慮してくださって、3月中は給食当番なしでした(食べたくなってしまうとかわいそうだから、と配慮してくださいました)。3年生になってからは、普通にみんなと同じように給食当番をやっています。(本人は肉の臭いがすると臭くていやだとこぼしているくらいで、特に気にしてないようです。)
  • 以外なところで、お弁当の置き場所。どこに置いていいか、置き場所がなくて困っていたようです。先生によって、物の置き場がないくらいいろんな物が置いてある教室があって、2年生のときの教室がそうでした。結局先生の机の上に置かせてもらっていたようです。3年生のときはすっきりした教室だったので、置き場所はあったようですが。
  • 子供によっては一人だけみんなと違うものを食べることがストレスになる子もいる。(ハルカは逆に優越感を感じるタイプのようです。。。)

日によってお弁当と給食が混在する場合

  • 地域によって違うかもしれませんが、うちの小学校では、給食を1日でも食べる日があれば給食費は全額払うことになります(日払いはありません)。お弁当と給食両方で対応することを考えていたら、栄養士さんがこの点をすごく気にしていらっしゃいました。

もうひとつ余談ですが、学校に大切なことを相談しに行くときは、夫婦同伴で行ったほうが学校側の対応がいいようです。うちも、はじめに校長先生と担任に相談しに行ったときは主人と一緒に行きました。二回目に栄養士さんと担任に相談しに行ったときは私一人でしたが、確かに対応が全然違いました。主人はほとんど話さなかったのですが。。。いるだけで絶大な効果があるようです。

つづく。。。

|

« きゃべつまんじゅう | トップページ | PUTLUCK お花見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68929/1243160

この記事へのトラックバック一覧です: ハルカの病気(お弁当の相談):

« きゃべつまんじゅう | トップページ | PUTLUCK お花見 »