« グルッペ | トップページ | さつまいものお汁粉(玄米甘酒を使って) »

2006年3月23日 (木)

甘酒作り

Sweets_013 今日は手作り甘酒に挑戦してみました。

中島デコさんの大地からの贈り物レシピに載っていた作り方を参考にやってみました。

65度以下に冷ました玄米粥に同量の玄米こうじを入れて、炊飯器で6時間くらい保温すると出来上がるというもの。

以前乾燥した玄米こうじをそのまま入れて発酵がうまくいかなかったことがあるので、今回は40度くらいのぬるま湯で生こうじの状態にしてから混ぜてみました。

炊飯器ではなく、シャトルシェフで60度のお湯に入れてみたところ、途中2回暖めなおして14時間程でとってもおいしい玄米甘酒のもとができあがりました。

大地からの贈り物レシピ Book 大地からの贈り物レシピ

著者:中島 デコ
販売元:サンマーク出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ゆるめのマクロの料理集。玄米甘酒やどぶろく、テンペ、納豆の作り方まで載っていて、とっても参考になります。デコさんのエッセイも素敵です。

|

« グルッペ | トップページ | さつまいものお汁粉(玄米甘酒を使って) »

コメント

自然な甘さが一番ですね。

投稿: kasumi | 2006年4月 4日 (火) 22時51分

羅漢果の実を手に入れました。早速くだいて煎じてみたら美味しかったですよ。この煎じ汁と寒天で一品できるかも。
この煎じ汁で豆なんかもたいてみようかな。味は薄いだろうけど健康を考えるとね。甘酒も多用は肝機能に心配だし、あまり調味料を使わず自然の甘さを引き出す努力かな。酢物も干し柿なんかで砂糖の代用してます。砂糖が血糖値ジェットコースターみたいに上げ下げするから、きっと、てんかん含む精神的な病なんかにも良いわけないとは思いますね。素人だけど血糖値の上下が緩やかな素材の方がかなり納得できます。

投稿: もこ | 2006年4月 3日 (月) 21時04分

ラカンカ、私も今度試してみますね。穏やかな甘みはいいですね。
 
砂糖はほんとに怖いですね。ハルカの周りでも市販のお菓子食べ放題の子が沢山いるけど、やっぱりキレやすい子や落ち着きのない子が多い気がします。
みんなに食べ物のことを知ってほしいけど、うまく伝えるのって難しいし。テレビや雑誌で本当の情報が取り上げられるようになってほしいです。

小麦グルテンが自閉症に影響するんですね。ハルカも同じ脳神経の疾患だから、参考になります。ハルカも食事を変えてから、ヴィド・フランスの胚芽ベーグルがダメになりました。半分も食べないうちにだるくなって、歩くのがやっと。そういえば、マクロを始める前にも、スパゲッティを食べている途中で発作を起こしたことが何回かあったし。国産小麦でうちで手作りしたようなものは、大丈夫なんだけど。小麦は要注意ですね。貴重な情報ありがとうございます。

投稿: kasumi | 2006年4月 2日 (日) 14時27分

甘酒、何とか甘くなってました。
保温鍋で10時間。後は冷蔵庫で甘くなりますね。
これおやつにも使えそうかな。キュウリを乱切りにして生姜とゴマ油、塩で炒めて最後に甘酒をかけて絡めて炒めたら結構美味しかったです。
砂糖が精神的によくないって聞きますね。キレる原因も白砂糖とか。ラカンカは確かに血糖値の上昇変化がなくて精神的にも穏やかになります、カリウムが心配だけど。できるだけ調味料使わずに自然の味を楽しむ方向にしています。マヨネーズも使ってない。お醤油も小麦の入ってない米醤油、小麦グルテンが自閉症に影響するって読んだので。何か病気の根源って突き詰めれば一つに起因するような気がして人事ではないな。

投稿: もこ | 2006年4月 1日 (土) 11時42分

玄米甘酒、発酵を止めずに冷蔵庫に入れておいたら甘くなってました。甘くしたいときは発酵を止めずに保存した方がいいのかも。(スミマセン、手作りするのは初めてなもので。。。)

私も失敗の連続です。初めて作るときは、大体説明をよく読まずに作ってしまって失敗するはめに。。次はすご~く慎重に作って成功することが多いんですけど(笑)失敗は成功のもと、ですよね!もこさんも二回目はきっと成功ですよ!!

春は体調を崩しやすいですね。私もマクロを始める前はボロボロでした。(特にファーストフードやジャンクフードを沢山食べていた20代はひどいかったです。今も絶好調ではないけれど、いいものを丁寧に作って食べていると、気持ちが落ち着くし、元気になれます。体質が変わるのに8年くらいはかかるようなので、気長に続けて7年後には無敵の体!を目指しています(笑)。お互い春がおわる頃には、今より元気になっているといいですね!

投稿: kasumi | 2006年3月29日 (水) 07時07分

発酵を止めるのは初耳です。情報ありがとうございます。私は自分が病弱になったのでいろいろ試しています。合わない食べ物が多くて困ります。ほとんど出家僧みたいな食生活です。甘味は羅漢果を使用してますが、徐々に甘酒で代用していこうと思っています。うまくいけばいいのですが。
今のところ市販のパック入りですが高価だし、環境にも悪いから手作り希望です。先日、玄米粉から米粉うどんをつくってみたのですが、見事に失敗で、自信をなくしてます。愛が足りないのかな、もったいない、と思う気持ちもかけているから失敗なんてできるんでしょうね。

投稿: もこ | 2006年3月26日 (日) 12時13分

もこさん、はじめまして。kasumiです。コメントありがとうございます!

保存する場合は一度沸騰させて塩少々を入れて発酵を止めてから冷蔵庫で保存すると良いようですよ。一週間以上保存するときは冷凍しています。

手作りするときは、玄米粥の温度が高すぎるとこうじ菌が死んでしまうので、65度以下にさましてから混ぜたほうがいいと思います。

私は甘酒はスイーツにしか使ったことがないのですが(甘酒と豆乳を葛や寒天で固めて作るプリンは簡単でおいしいです!)、料理では梅酢といっしょにドレッシング等に使うとおいしいようですよ。

投稿: kasumi | 2006年3月25日 (土) 19時43分

こんにちわ。
玄米ではないけど菜食です。
甘酒を料理に取り入れたいのですが、なかなか自分でつくるのは自信がありません。日持ちしますか。

投稿: もこ | 2006年3月25日 (土) 13時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68929/1142100

この記事へのトラックバック一覧です: 甘酒作り:

« グルッペ | トップページ | さつまいものお汁粉(玄米甘酒を使って) »