« ある日のお弁当(小学校) | トップページ | HUN LAHUNに行って来ました »

2006年3月26日 (日)

今どきの小学校の給食事情

マクロビオティックをやっていると子供の給食には頭を悩ませてしまいます。いろいろ悩む要素はありますが、organic baseの典子先生のお子さんのように、うちの子供たちもいつか給食にチャレンジできるといいな、と思っています。

ハルカが小学校に入って3年間、私が見てきた給食事情を書いておこうと思います。

給食は学校によっても違うと思うのですが、ハルカが通っている小学校では学校に給食室があり、栄養士さんもかなりこだわりを持っているようです。調味料はすべて三浦屋さんから無添加のものを仕入れていて、野菜等もなるべく低農薬のものを地場野菜でまかなっています。この点は本当によくやってくれていると思うし、保護者の皆さんも満足されている方がほとんど。

メニューの構成は

主食  

ご飯 週2回  ほとんどがカレー、チャーハン、丼もの

パン 週2回  あげパン、はちみつレモントースト等甘いパンが多い。小麦粉は外国産(安全性が確認されていると栄養士さんはおっしゃっています)

麺類 週1回  ラーメン、スパゲッティミートソース、カレーうどん等こってり系が多い   

おかず 

ほとんどが洋食、肉食で揚げ物、炒め物が多く、週に3~4日はベーコンやソーセージ、ハム等が使われる(スープのだしに使っているようです)。魚は月2回くらいで、揚げ物や蒲焼きがほとんど。

デザート 

週に2回、フルーツポンチやゼリー、果物等。ときどきケーキやクッキー。

牛乳  

週に1回くらいヨーグルト、ジョア、飲むヨーグルト、牛乳コーヒーの日がある。

子供たちも給食を楽しみにしていて、デザートやお肉、甘いパンやジョア等が余っているときは、おかわりに殺到するようです。

豆がメニューに登場するのは月に一回あるかないか。豆腐も月2回くらい。豆は給食に出ても、みんなが残してしまうので栄養士さんもなかなか出せないようです。

ファミリーレストランにあるようなメニューじゃないと今の子供たちには受けないようなのです。給食以前に家庭の食生活なんですね。。。我が家の子供たちもマクロビオティックを始める前はそうでした。豆は食べれませんでしたから。そして、お肉や甘いパンのおかわりをするために、大急ぎで給食を食べて。。。毎日のようにおかわりをして、どんどん体格がよくなっていました。

年に一回だったか、お楽しみ給食という日があって、子供たちの好きなメニューばかり、エビフライ、グラタン、フライドチキン、カレーライス、ケーキ、いちご、グレープフルーツ、ジョア等(これが一度に出てくるらしい)が出る日もあります。

大豆をもっと食べましょうという指導は最近されているようです。が、その一方で牛乳を一日2本とりましょうという指導もされています。

公立の学校なので、どうしても決められた枠はあるのでしょうが、なんとかならないのでしょうか?

マクロビオティック、学校の先生たちにも知ってほしいです!

|

« ある日のお弁当(小学校) | トップページ | HUN LAHUNに行って来ました »

コメント

牛乳を一日2本ですか?
う~ん。脂肪分が心配。本当に子供の健康考えてるのかな。何か業界の癒着の方を優先している感じがするな。

投稿: もこ | 2006年4月 1日 (土) 11時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68929/1174650

この記事へのトラックバック一覧です: 今どきの小学校の給食事情:

« ある日のお弁当(小学校) | トップページ | HUN LAHUNに行って来ました »