« ハルカの病気 | トップページ | マサトの病気(未病) »

2006年3月21日 (火)

ある日のお昼ごはん

_002_7

春になったので、最近蒸し野菜が毎日のように食卓に上ります。なんとなく薄味のあっさりしたものが食べたい気分。

今日のメニューは(画像をクリックすると大画面で見れます。)

  • 蒸し野菜サラダ、ゴマ味噌ドレッシング
  • もやしと青菜のごま和え
  • ねぎ味噌
  • 切干大根と高野豆腐の煮付け
  • 梅干しとたくあん
  • 雑穀入り玄米ご飯

蒸し野菜サラダは大根、かぶ、人参、かぼちゃ、きゃべつ、ブロッコリースプラウト、ひよこ豆。ドレッシングは、タヒニ大2、麦味噌50gを、昆布だし140ccで溶いたものです。このドレッシングは蕎麦といっしょに青菜や大根の千切りをゆでたものにかけて、蕎麦サラダにしてもすごく美味しい!うどんにも合います。

ごま和えは、梅酢と醤油で和えています。梅酢がいい出しになっておいしいです。うららの病気には酢が良くないので(体を冷やすから)、うちでは酢は梅酢を使っています。梅酢は体をあたためます。

ねぎ味噌は先日organic baseの花粉症対策のクラスで習ったもの。まずは少量のごま油でねぎを弱火でじっくり炒め、少量の水を加えて蒸し煮に。甘いにおいがしてきたら人参をさらに加えて蒸し煮にし、人参に火が通ったら最後に麦味噌を加えてさらに5分くらい煮てできあがり。玄米ご飯によくあって、これだけでご飯が沢山食べれます。教室では、マスタークックの土鍋で作ったのだけれど、うちではクリステルのステンレス鍋で作りました。ステンレス鍋でもすごく美味しくできたけど、マスタークックの土鍋はほしいなぁ。

切干大根はうちでは高野豆腐といっしょに煮ます。たまには人参もいっしょに。前はごま油で炒めてから煮てたけど、最近は切干大根を水で戻してから少量の水でウォーターソテーしてから戻し汁を加えて煮てます。油をできるだけ控えたほうがアレルギーにもいいみたい。

雑穀入り玄米ごはんは、もちあわと赤米を玄米に混ぜて圧力鍋で炊きました。もちもちしてておいしい!ついおかわりして食べてしまいます。もちあわは肝臓の機能(免疫機能)を高めたり、排出を促すはたらきがあるようなので、一年中アレルギーに悩まされる我が家では週に1~2回登場します。

有機野菜を使った料理はシンプルなものが本当においしいです。

|

« ハルカの病気 | トップページ | マサトの病気(未病) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68929/1110748

この記事へのトラックバック一覧です: ある日のお昼ごはん:

« ハルカの病気 | トップページ | マサトの病気(未病) »