トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

きゃべつまんじゅう

_011 グルッペで買った、加藤農園のきゃべつまんじゅう。

今、市販のおやつの中で、我が家の一番人気!

味は中華まん。土鍋で10分くらい蒸して食べます。とっても大きいので、子供たちは半分こにして。

原材料は、大豆グルテン、きゃべつ、椎茸、人参、はるさめ、醤油、ごま油、みりん、小麦粉、天然酵母、塩。 マクロ仕様の中華まんです。 

他にもいろんな種類があるので、これから少しずつ試してみたいな。

とっても美味しいけど粉物なので、食べすぎには気をつけなくちゃ!やっぱり週一回くらいのお楽しみにしとこうね。

この加藤農園の蒸しパン、organic baseの典子先生の名著、“マクロビオティックのお買いもの”でも紹介されています。

マクロビオティックのお買いもの in ORGANIC BASE kitchen この本では、マクロビオティックのお薦め食材やその料理方法や効用、さらにあると便利な道具類が紹介されていて、大変参考になります。

organicoさんやブニャンシカさんのblogでは、加藤農園のパンを使った手作りサンドイッチも紹介されていて、とっても美味しそう。私も今度は手作りサンドイッチに挑戦してみよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月30日 (木)

妹の家でマクロランチ

_013 今日は、光が丘にある妹の家に行ってきました。妹の家でも、健康のために最近玄米を食べ始めたので、マクロビオティックの料理を知ってもらいたくてお惣菜を作って持って行きました。

メニューは

  • 大根と厚揚げのもち粟煮
  • 大豆たんぱくの唐揚げ
  • ねぎ味噌
  • もやしと水菜の胡麻和え

大豆たんぱくの唐揚げは、大ヒットでした!みんな美味しそうに食べてくれてよかった~。

妹の家は子供が3人(10才男、7才女、5才男)。一番下の男の子は重症の食物アレルギーです(マクロの基本の食材がほとんどNG)。食べられるものを持っていかれなくて、ごめんね。これから少しずつ、食べられるものが増えていくといいね。おやつはりんごとレーズンの煮たのをみんなで食べました。

またみんなで遊ぼうね!

大豆たんぱくの唐揚げの作り方

続きを読む "妹の家でマクロランチ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月29日 (水)

玄米ラテ@ darcha

玄米ラテ@<br />
 darcha

グルッペで買い物をしたついでに、五日市街道沿いにあるカフェ、darchaに行ってきました。ライス&ソイやきなこの入った噂の玄米ラテ、飲んできましたよ〜!美味しかった〜。今日は寒かったけど、体が暖まりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハルカの病気(マクロビオティックを始めて)

先週から続いているハルカの咳と鼻水は、なかなか止まりません。食事をシンプルに陽性気味に調整しなくちゃと思うんだけど、今日も大好物のパンプキンスープ(豆乳入り)をせがまれて作ったり、苺のソイプリンも食べたし、加藤農園のキャベツまんも。夕ご飯には気がついたらマサトの苦手なしめじを沢山もらって食べてた(ハルカはしめじが大好き)し。。。明日の朝こそ梅醤番茶を飲ませて、きんぴらと青菜とお味噌汁でご飯にしよう!

マクロビオティックを始めたのはおととしの12月。ハルカの病気対策と、スギ花粉の大飛散に備えて(うちは家族全員花粉症、パパはかなり重症)、冬休みからはストイックに始めました。始めた頃から今までの経過を、覚えている範囲で書いておこうと思います。

続きを読む "ハルカの病気(マクロビオティックを始めて)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月28日 (火)

苺のソイプリン(玄米甘酒を使って)

苺のソイプリン

先週作った玄米甘酒が冷蔵庫に残っていたので、苺のソイプリンを作ってみました。

organic baseの冬のスイーツコースでならった甘酒のソイプリンをアレンジ。材料は豆乳、玄米甘酒、寒天パウダー、葛粉、梅酢、レモン汁、塩、苺です。 玄米甘酒は粒がしっかり残っている感じだったので、最後にブレンダーで撹拌しました。梅酢とレモンはなくてもいいかも(入れるとチーズ風味に)。

玄米甘酒は特に発酵を止める処理はしないまま冷蔵庫に入れてあったのですが、味見してみたら先週より甘味が増して美味しくなっていました。少しずつ発酵が続いているんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

玄米粥(食べすぎ防止に...)

_009_1 最近、一日一回は玄米粥を食べています。

2月くらいから玄米がすごく美味しく感じて、毎食必ずおかわりしていました。 いつもお腹がいっぱいなんだけど、でも玄米が食べたい!そんな生活を続けていたら、体重は増えないんだけど、なんだか体が重い感じに。。。

先週ハルカが熱を出したときに、玄米粥を作って私もいっしょに食べてみたら、ごはん一杯分で大満足。しかも噛み応えがあって美味しい!

それ以来一日一回は玄米粥にして、なるべく少食に努めています。

今日は残りごはん(黒豆入り玄米ごはん、カムット小麦入り玄米ごはん)があったので、それに水を足して鍋でコトコト煮てお粥に。ゆかりを振りかけて食べました。美味しかった~!家族にも大好評です。

続きを読む "玄米粥(食べすぎ防止に...)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HUN LAHUNに行って来ました

先日、吉祥寺にあるカフェHUN LAHUNに行ってきました。organic baseのマネージャーお勧めのカフェ。かぼちゃととうもろこしの田舎風ケーキ、わたしも食べてきました。素朴な味でとっても美味しかったです。 カップやお皿も北欧のもので、とっても素敵!私も欲しくなってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

今どきの小学校の給食事情

マクロビオティックをやっていると子供の給食には頭を悩ませてしまいます。いろいろ悩む要素はありますが、organic baseの典子先生のお子さんのように、うちの子供たちもいつか給食にチャレンジできるといいな、と思っています。

ハルカが小学校に入って3年間、私が見てきた給食事情を書いておこうと思います。

給食は学校によっても違うと思うのですが、ハルカが通っている小学校では学校に給食室があり、栄養士さんもかなりこだわりを持っているようです。調味料はすべて三浦屋さんから無添加のものを仕入れていて、野菜等もなるべく低農薬のものを地場野菜でまかなっています。この点は本当によくやってくれていると思うし、保護者の皆さんも満足されている方がほとんど。

メニューの構成は

主食  

ご飯 週2回  ほとんどがカレー、チャーハン、丼もの

パン 週2回  あげパン、はちみつレモントースト等甘いパンが多い。小麦粉は外国産(安全性が確認されていると栄養士さんはおっしゃっています)

麺類 週1回  ラーメン、スパゲッティミートソース、カレーうどん等こってり系が多い   

おかず 

ほとんどが洋食、肉食で揚げ物、炒め物が多く、週に3~4日はベーコンやソーセージ、ハム等が使われる(スープのだしに使っているようです)。魚は月2回くらいで、揚げ物や蒲焼きがほとんど。

デザート 

週に2回、フルーツポンチやゼリー、果物等。ときどきケーキやクッキー。

牛乳  

週に1回くらいヨーグルト、ジョア、飲むヨーグルト、牛乳コーヒーの日がある。

続きを読む "今どきの小学校の給食事情"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年3月25日 (土)

ある日のお弁当(小学校)

_001 ハルカは2年生の3月から小学校にお弁当を持っていっています。

お弁当に切り替えた理由のひとつは、マクロビオティックの味覚に慣れるため。まだ給食でだけは普通の食事をしていたときは、動物性のものや甘いものが出ると沢山おかわりしていました。がまんすることはできなかったみたい。(ハルカの病気は食べすぎは良くないのです。)

できるだけ除去食でと考えたこともあるけれど2年生の子供にとって、このメニューのときは食べて良くて、このときはだめというのは、かえって混乱してしまうようでした。それなら全部お弁当にしてというハルカ自身の希望で、お弁当を持っていくようになりました。

本人はお弁当が好きみたいだし、周囲もふつうに受け入れてくれているようです。しばらくこのままでいくつもりですが、健康な体になって自分で選んで食べれるようになったら、給食をとりながらバランスをとっていけたらいいなぁと思います。

この日のお弁当のメニューは

  • そばサラダ
  • そばの実のぎょうざ
  • 蒸し野菜

ちなみに学校の給食のメニューは

  • みそラーメン
  • ジャンボぎょうざ
  • ひとしおきゅうり
  • のむヨーグルト

でした。

続きを読む "ある日のお弁当(小学校)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハルカの病気(抗てんかん薬を飲み始めて)

ハルカの熱は一日で下がったけど、まだ咳がとまりません。昨日は鼻水がすごかったし。今日は咳とくしゃみ、それから息が吸いにくいみたい。これは陰性の症状?さっそく梅醤番茶を飲ませました。

最近、蒸し野菜や青菜等、あっさりしたものが多かったし、この間のカレーで陰性になってるのかな。ハルカの病気には陰性のものはよくないのに。気をつけなくちゃ。

昨年の秋から薬もかなり減らしてるし、その排毒もあるのかも。。。

抗てんかん薬は一年生の9月(2年半前)から飲み始めました。

続きを読む "ハルカの病気(抗てんかん薬を飲み始めて)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月23日 (木)

さつまいものお汁粉(玄米甘酒を使って)

Sweets_015 手作りした玄米甘酒を使って、早速さつまいものお汁粉を作りました。

organic baseのスイーツコースで習ったメニューです。

教室ではさつまいも、玄米甘酒、水、しょうがの絞り汁、塩を使ってお汁粉を作り、白玉団子を入れたのですが、うちではさらに豆乳で薄めて、お団子は白玉粉とリブレフラワーを半々に。トッピングにゆでたくるみを刻んでのせてみました。マイルドな甘さで子供たちにも大好評でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甘酒作り

Sweets_013 今日は手作り甘酒に挑戦してみました。

中島デコさんの大地からの贈り物レシピに載っていた作り方を参考にやってみました。

65度以下に冷ました玄米粥に同量の玄米こうじを入れて、炊飯器で6時間くらい保温すると出来上がるというもの。

以前乾燥した玄米こうじをそのまま入れて発酵がうまくいかなかったことがあるので、今回は40度くらいのぬるま湯で生こうじの状態にしてから混ぜてみました。

炊飯器ではなく、シャトルシェフで60度のお湯に入れてみたところ、途中2回暖めなおして14時間程でとってもおいしい玄米甘酒のもとができあがりました。

大地からの贈り物レシピ Book 大地からの贈り物レシピ

著者:中島 デコ
販売元:サンマーク出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ゆるめのマクロの料理集。玄米甘酒やどぶろく、テンペ、納豆の作り方まで載っていて、とっても参考になります。デコさんのエッセイも素敵です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

グルッペ

昨日は荻窪にある自然食レストラン、グルッペに家族で行ってきました。

1

                                                                                                                        パパと私は精進ランチセット

  • 筑前煮風野菜煮込み
  • うどと春キャベツともずくの酢の物
  • ひじき煮
  • 青菜の胡麻和え
  • 味噌汁
  • 玄米ご飯
  • 漬物

3_1  

                                                                                                                         子供たちは野菜たっぷりカレーランチセット

 

ご飯かパンが選べるんだけど、二人ともパンを注文。何もつけずにトーストしてもらいました。

精進ランチは全体的にしっかりした味で、酢の物もお砂糖が使ってありましたが、美味しかったです。普通の食事をしてる人でも美味しく食べられそう。パパもお腹いっぱいになってました。(お茶碗に半分くらいおかわりしてたけど。おかわりは無料!(パンは有料))

子供たちが注文したカレーは動物性のものは使わずに美味しくできてました。甘みもしっかり引き出されていて、何で甘みを出しているのか聞いてみたら、玉ねぎをじっくり弱火で炒めて、あとはキャベツ等大量の野菜を使って時間をかけて煮込むということでした。ヨーグルトとトマトも入っているそう。それから、大きな人参とじゃがいもがゴロンとはいっていました。マクロ的にNGなものもはいっていたけど、美味しかったです。子供も食べれるマイルドな味でした。

でも昨日のカレーのせいか、ハルカは今朝起きたら37度8分の熱が出ていました。(もともと月曜日くらいから咳やくしゃみが出ていたので、カレーはまずかったかなぁ。。。)

ここのところずっと強風が吹いてたし、花粉をたくさん吸っちゃったのかなぁ。3学期はお休みしてなかったのに、今日は学校をお休みしてしまいました。明日は終了式だよ、早くよくなってね~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

ある日のお弁当(幼稚園)

_023_1 幼稚園で 給 食のある日にはお弁当を持っていっています。できるだけメニューに合わせて作るようにしています。

この日のお弁当のメニューは

  • 豆腐と蓮根のハンバーグ
  • もちきびクリームの出し巻き卵風
  • 蒸し野菜(カリフラワー、ごぼう、にんじん)
  • 春菊と人参のごま和え
  • かぼちゃの水なし炊き
  • ゆかり玄米ご飯
  • たくあん
  • りんごとキャロブのケーキ

ちなみに幼稚園の給食のメニューは

  • とうふハンバーグ
  • 焼かぼちゃ
  • きのことベーコンソテー
  • ポパイエッグ
  • 一口いかフリッター
  • ごはん
  • ココアワッフル

豆腐と蓮根のハンバーグはオレンジページの豆腐ダイエットの本に載っていたレシピです。もちもちしていて子供たちの大好物。ハンバーグの日にはこれにすることが多いです。

もちきびクリームの出し巻き卵風は、大谷ゆみこさんの未来食つぶつぶクッキングに載っているきびのオムレツの、きびスフレ生地をフライパンに流し、中にグルテンバーガーのそぼろを包んで焼いたものです。きびスフレ生地は、かぼちゃのマッシュを少し入れると黄色がより強くなって、玉子焼きに近い感じに。

グルテンバーガーのそぼろはそのまま玄米ごはんにかけてもすごく美味しい。作り方は、

グルテンバーガー250g、しょうが1/2片、干ししいたけ4枚、だし汁1cup、醤油大2酒大2

しょうがと戻した干ししいたけはみじん切りに。鍋にすべての材料を入れてかき混ぜながら汁気が少なくなるまで煮る。かなり味が濃いので、好みで調味料は調節したほうがいいかも。

りんごとキャロブのケーキはorganic baseの1,2月のスイーツのクラスで習った、りんごとキャロブのパウンドケーキを小さなマフィンカップで焼きました。

豆腐でおうちゃくダイエット―シンプル・マクロビオティック Book 豆腐でおうちゃくダイエット―シンプル・マクロビオティック

販売元:オレンジページ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

豆腐ハンバーグ、麻婆丼、豆腐のドライカレー、炒り豆腐丼等、どれもとってもおいしいです。ダイエット目的じゃなくても普通に使えます。パパもこの本のメニューには大満足。味がしっかりしてるからかな。

未来食 つぶつぶCooking―からだエコロジー・地球エコロジー Book 未来食 つぶつぶCooking―からだエコロジー・地球エコロジー

著者:木幡 恵,大谷 ゆみこ
販売元:メタブレーン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この大谷ゆみこさんのつぶつぶクッキングは、雑穀を使って今風のメニューが作れる本で、現代の味覚に合った料理が沢山載っています(砂糖、動物性食品は使っていません。マクロとほとんど同様と考えてます。)。グラタン、ハンバーグ、ナゲット、オムレツ、スパゲッティミートソース、ギョーザ、テリーヌ等、とにかくどんな料理も載っていて、辞書のように使っています。給食のメニュー対策には助かりました。得にマクロビオティックの移行期には有効な本だと思います。味がしっかりしていて油も多めなので、私は油少なめ、できるだけ薄味にアレンジしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マサトの病気(未病)

息子マサトは現在6才。4月から小学1年生になります。

マサトは大きな病気には至ってないけれど、マクロビオティックをはじめる前はきわめて危ない状態。ハルカと似た症状が出ていました。今では、すっかり元気になったけれど、やっぱり初心を忘れないためにマクロビオティックをはじめる前のことを書いておこうと思います。

マサトはハルカが幼稚園に入園したとき9ヶ月。連日の幼稚園のおつきあいでマサトは赤ちゃんのときから砂糖漬け、添加物漬け。卵も肉もチーズも沢山食べて育ちました。ハルカのように大きな病気にまでは至ってないけれど、生まれたときから花粉症。毎年3月、4月は鼻水と咳に悩まされ、年に1~2回足が痛くて歩けなくなることも。興奮しやすく、夜寝てるときもずっと暴れてる感じ。

幼稚園年中の冬には、マサトも不安感が強くなったり、ひどく疲れたときには高熱を出してケイレンや呼吸困難のような症状がでたりし始めました。

このままでは、ハルカと同じ病気になってしまいそうだったので(ハルカの同じ年の時と比べるとマサトの方がずっと危ない!)、幼稚園に相談し、年長の4月からマクロビオティックのお弁当を持たせることにしました。年中12月のころから家の食事をマクロビオティックに切り替えていたので、この機会に食事を徹底して健康な体にリセットしようと思ったのです。

薬もほとんど飲んだことがないマサトは、一年たった今では家族の中で一番健康。(食事を切り替えて間もない頃は、排毒で左わき腹(脾臓)が痛くて動けなくなったり、咳が止まらなくなったり、痩せてしまったり、いろいろありましたが。。。)春になってからは、小学校入学を控えて多少不安感はあるものの、去年に比べたらぜんぜん元気。花粉症の症状もほとんど出てません。

これから小学校に入って環境が変わるので、ハルカのときのことを考えると小学校の給食もお弁当でスタートしようかなと思ってます。マサトもお弁当を楽しみにしてるので。いずれ給食をとりながらバランスをとっていけたら理想的だなぁと思っているのですが。(毎日給食のメニューにある程度合わせて作るのは、結構大変だし。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ある日のお昼ごはん

_002_7

春になったので、最近蒸し野菜が毎日のように食卓に上ります。なんとなく薄味のあっさりしたものが食べたい気分。

今日のメニューは(画像をクリックすると大画面で見れます。)

  • 蒸し野菜サラダ、ゴマ味噌ドレッシング
  • もやしと青菜のごま和え
  • ねぎ味噌
  • 切干大根と高野豆腐の煮付け
  • 梅干しとたくあん
  • 雑穀入り玄米ご飯

蒸し野菜サラダは大根、かぶ、人参、かぼちゃ、きゃべつ、ブロッコリースプラウト、ひよこ豆。ドレッシングは、タヒニ大2、麦味噌50gを、昆布だし140ccで溶いたものです。このドレッシングは蕎麦といっしょに青菜や大根の千切りをゆでたものにかけて、蕎麦サラダにしてもすごく美味しい!うどんにも合います。

ごま和えは、梅酢と醤油で和えています。梅酢がいい出しになっておいしいです。うららの病気には酢が良くないので(体を冷やすから)、うちでは酢は梅酢を使っています。梅酢は体をあたためます。

ねぎ味噌は先日organic baseの花粉症対策のクラスで習ったもの。まずは少量のごま油でねぎを弱火でじっくり炒め、少量の水を加えて蒸し煮に。甘いにおいがしてきたら人参をさらに加えて蒸し煮にし、人参に火が通ったら最後に麦味噌を加えてさらに5分くらい煮てできあがり。玄米ご飯によくあって、これだけでご飯が沢山食べれます。教室では、マスタークックの土鍋で作ったのだけれど、うちではクリステルのステンレス鍋で作りました。ステンレス鍋でもすごく美味しくできたけど、マスタークックの土鍋はほしいなぁ。

切干大根はうちでは高野豆腐といっしょに煮ます。たまには人参もいっしょに。前はごま油で炒めてから煮てたけど、最近は切干大根を水で戻してから少量の水でウォーターソテーしてから戻し汁を加えて煮てます。油をできるだけ控えたほうがアレルギーにもいいみたい。

雑穀入り玄米ごはんは、もちあわと赤米を玄米に混ぜて圧力鍋で炊きました。もちもちしてておいしい!ついおかわりして食べてしまいます。もちあわは肝臓の機能(免疫機能)を高めたり、排出を促すはたらきがあるようなので、一年中アレルギーに悩まされる我が家では週に1~2回登場します。

有機野菜を使った料理はシンプルなものが本当においしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハルカの病気

娘ハルカは現在小学3年生。小児てんかんという病気を患っています。マクロビオティックをはじめて1年3ヶ月。この一年いろんな排毒の症状にも悩まされたけれど、この冬くらいからはすごく元気になりました。これからは今少しずつ減らしている薬を、完全にやめることが目標。あせらずに少しずつやっていきたいです。

このblogでは病気を発症した頃から今までのことを振り返りながら、現在、そしてこれからの経過をマクロビオティックの話題や日々の生活のエピソードを交えながらつづっていきたいと思います。初心を忘れないためにも。

ハルカは小学校の入学式翌日の夜、初めてひどい発作をおこしました。何ヶ月かあとに分かった病名は、小児てんかん。

春休み中にもヤマハ音楽教室の発表会のリハーサルで、スピーカーの目の前にいたハルカは、ひどい頭痛をおこしました。このころから少し様子がおかしかったのです。その後も春休み中、ときどき頭痛や息苦しさを訴えるようになっていましたが、幼稚園の卒園式やヤマハの発表会で疲れがたまっているのかな、くらいにしか考えていませんでした。

初めての発作の夜は、頭痛と腹痛、息苦しさを訴え、私がアイスノンを準備したりしてうろうろしている間に気がついたら、苦しそうに呼吸をして目をあけて座ったまま意識がなく、動かなくなっていました。この間20分から30分くらい。その後寝入ってしまいました。すぐに救急車を呼んで、意識は戻ったのですが、断続的に続く激しい頭痛が30分くらい続き、そのあとは吐き気や口元の違和感が残る感じ。脳外科の先生がおっしゃるには、ストレスや疲れからくるものでしょうということでした。

その後脳波やCTの検査をしたけれど、これといった異常はなく(脳波に一箇所スパイクが見られたけどこれが病気につながるものかどうか判断はつきませんでした)、薬も処方されないまま、月に1~3回発作をおこすようになりました。このころ、マクロビオティックの食事にきりかえていたら、未病のまま薬も飲まずに健康な体になれたのかも。。。

ハルカは3才までは市販のお菓子をほとんど口にしたことがなく、手作りのシンプルなお菓子か赤ちゃん煎餅くらいしか食べさせていませんでした(動物性のものは普通に摂っていましたが)。それが幼稚園に入ったとたんに連日のお付き合いがはじまり、チョコレートや卵と砂糖、バターたっぷりの洋菓子、添加物の入った市販のお菓子をしょっちゅう口にするようになったのです。(私自身も卵と砂糖、バターたっぷりの洋菓子を手作りしていました。素材にはこだわっていたのですが。)

しかもハルカは目の前にあるお菓子がなくなるまで、食べ続けてしまうタイプ。昔は少食だったのに。。。ハルカの通っていた幼稚園は全部給食、誕生会やクラス会、預かり保育では添加物の入った市販のお菓子が出ます。給食のない水曜日にはヤクルト。お母さんたちもあまり食生活に関心のない人が多かったです。(グルメには関心があるのですが。。)こんな食生活が病気の一因になったのかなぁと今では思っています。

それから幼稚園の発表会。大音響と本格的な照明を使って盛大な発表会をします。2月の発表会のために夏休み明けから毎日ダンスの練習。指導もかなり厳しいものです。幼稚園での生活はすべてカリキュラムが組まれ、みんなで同じことをします。発表会前にはホールに集まってリハーサルや照明あわせ。マンモス幼稚園なので、ものすごい熱気の中気分の悪くなる子もいたようです。

ハルカもこの照明あわせあたりから体調を崩していました。幼稚園ではお腹が痛くなったり頭が痛くなったりして、よく保健室に通うように。こんな刺激も病気の一因ではないかと思います。小さい体にいろいろ無理をさせてしまったなぁと本当に後悔しています。前向きにがんばることを学べるいい幼稚園でもあったのですが。。。超マイペースのうハルカには、きつい部分もあったと思います。

病気を発症したころは、小学校に入ったばかりということもあり、新しい場所に行くことを考えただけで不安感がおこり、そのあと頭痛や息苦しさ、めまいや発熱、発話不良等の発作をおこすように。大人でいうパニック障害のような症状。児童館の中にも入れません。ボーっとしていることも多く、一年生の間は行事のたびごとに発作をおこし、まともに参加できませんでした。参加できても顔色が悪くてすご~く調子が悪そう。はじめは、パニック障害ではないかと思いました。新しい環境に慣れて緊張が取れれば自然に良くなるんじゃないかな、とも思っていました。

6月になって清瀬小児病院に転院。改めて検査をしたところ、小児てんかんと診断されました。脳波もガタガタで典型的なてんかん波。ハルカの症状からてんかんという病気が想像できなかったので、正直いってショックでした。これからどうしたらいいんだろう。いつか直るのかな。薬は飲まなきゃいけないの?

私は大の薬嫌いで、子供たちも病気らしい病気はほとんどしたことがなかったので、薬もほとんど飲まずに育ちました。ハルカにもできれば薬は飲ませたくなかったし、てんかんという病気は必ずしも薬を飲まなくてはいけないわけではないので(薬で症状を抑えるだけで、病気を治療できるわけではない)、9月になるまで薬は保留にしてすごしました。新しい環境に慣れて緊張がとれれば自然に治ることもあるんじゃないかと思っていたので。。。

でも、発作はやっぱり月に1~2回くらいは起きていたし、夏休みの終わりには40分くらい発作の状態が続いてしまったこともあり、薬を飲ませることに。何回も苦しい思いをさせることになってしまい、本当に後悔しました。

薬を飲むようになってからのことは、また今度書こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

花粉症対策@organic base

昨日はorganic baseで花粉症対策の1day lesson。丁寧なレクチャーで花粉症の仕組みがよく理解できました。メニューは

・もちあわ玄米ごはん    → 肝臓の機能(免疫機能)を高める 排出を促す

・ねぎ味噌           → 花粉症の症状緩和 血液の質を高め循環を促進

・野菜の水なし炊き     → すい臓の機能(免疫機能)を高める 毎日食べてもOK

・梅醤番茶          → 花粉症の症状緩和 万能中和剤

 ねぎ味噌が甘くて絶品でした。家でも早速作ったら、煮ているときから子供が「いいにお~い」と言って、大好評!今までねぎって、あまり好きではなかったんだけど、じっくり煮るとこんなに甘いんだと再認識。我が家の定番メニューになりそうです。

今年はマクロビオティックの食事のおかげで、私と子供たちはほとんど花粉症の症状が出ずに済んでいるのだけど、パパは外食もするし、コーヒーやタバコもやめられていないようなので、今年も薬にたよっています。お弁当にこの対策メニューを入れて症状が軽くなるといいな。。。                                           

| | コメント (0)

トップページ | 2006年4月 »